SOCIETY REGULATIONS

札幌カクタスクラブ会則

第1条 名称

この会は札幌カクタスクラブ(以後クラブと称する)という。

第2条 事務局

このクラブは事務局を現職の会長宅に置く。

第3条 構成

このクラブの活動に賛同し、展示会などの普及活動に積極的に参加する者会員を以って

構成する。

第4条 目的

サボテンと多肉植物の育成技術の向上を図ると共に、その魅力の発信を通して愛好者の増員を目的とする。

第5条 会員について

会員については正会員と賛助会員に区分される。

正会員は会の行う事業に積極的に参加する者で構成され、それ以外の者は賛助会員とする。

ただし、賛助会員であっても正会員と同様に会の行う事業に積極的に参加できる者は

役員会の承認を以って正会員とする。

また、正会員であっても1年間会の行う事業に参加できない者は次年度より賛助会員と

して扱うものとする。

第6条 事業

このクラブは目的遂行のために次の事業を行う。

1. 展示会の開催

2. 講習会の開催

3. 苗等の販売

苗等の販売は正会員のみを対象とし、展示期間中の手伝い等の協力が有ることを原則とする。

4. 事業誌の刊行(年1回)

第7条 役員とその任務

1.このクラブは会長1名、副会長2名、および数名の役員と監査を置く。

2.会長および副会長、役員、監査は総会において、正会員の中から選任する。

なお会長が任期途中で事故の際は改選までの残りの任期は副会長がその職を代行するものとする。

3.役員はクラブの運営に関わる事業としての会計、広報、販促、展示企画ほかの職務を

  担当するもとする。

4.役員の任期は2年とする。

第8条 総会および役員会

総会は正会員のみで構成され、クラブの主催するすべての事業および役員の選出等、運営に関するすべてを決定する。

役員会は会長が必要により招集し、クラブの運営上の重要事項を審議する。

第9条 会計および監査

会計によって統括された報告は、監査の審査をもって総会にて承認を得るものとする。

第10条 この会則に特段の定めのない重要事項については役員会で決定する。

(付則)

この会則は令和2年10月1日から施行する。